09月04日

湯平温泉白熊まつり 9月14日・15日開催

湯平温泉の安泰・繁栄と五穀豊穣を祈願するお祭りで、湯平の伝統的なお祭りです。
毛(け)槍(やり)を掲げた白熊(はぐま)が「ヨーイトセ」の掛け声で温泉街の石畳を下り、子供太鼓がりりしい太鼓の囃子を披露。地元の若い衆が衣装をまとう勇壮な白熊の姿は見ごたえ充分です。
祭りの最後は御神輿が浜宮の「山神社」へ入っていき、山神社に「子ども神楽」を奉納、夕刻から二人一組になった奴姿の若者が「ヨイトサノサ」の掛け声とともに毛槍を投げ合ったり、「鳥居くぐり」を行いながら、行列は谷川神社へ帰っていきます。
二日間にわたる湯平の伝統的なお祭りに、みなさんぜひお越し下さい。

と き:平成30年9月14日(金)~15日(土)
ところ:湯布院町湯平 石畳
問い合わせ:湯平温泉観光案内所 0977―86―2367

湯平温泉観光協会 公式HPはコチラ

09月03日

塚原MONO2めぐりバルウォーク 9月8日・9日開催

「塚原バルウォーク」は、初秋の塚原高原の心地よい風を感じていただくイベントです。
複数の店舗で使える共通チケットを手に、この期間ならでは飲食や体験メニューをお楽しみください。
さらに、Instagramを使ったフォトコンテストを同時開催。「日本で最も美しい村」に加入している湯布院塚原高原の写真をアップして素敵な商品をゲットしてください。
詳しくは、湯布院塚原高原観光協会の公式HP(リンク)にてご確認ください。

<お問合せ>
湯布院塚原高原観光協会 電話 0977-85-2254

08月20日

第43回湯布院映画祭 8月23日~26日開催

映画館の無い湯布院の町で行われる湯布院映画祭は、日本映画のファンと作り手が出会う場として歴史を重ねる映画祭で、国内で開催される中では一番古い映画祭です。
前夜祭では由布院駅前に設置した特設野外スクリーンで、それ以降は湯布院公民館にて、懐かしの映画や公開前の作品など多数上映します。今年の特集は「佐藤浩一」~闘う男 九つの貌~です。
また、映画監督や俳優などのゲストを招いてのシンポジウムやパーティーも行われ、夏の終わりの湯布院を盛り上げます。
ゲスト(予定):<監督>阪本順治、甲斐さやか、金普弘、中川和博、松居大吾、今野恭成、白石和彌
<俳優>佐藤浩一、菜葉菜、森田想、真崎かれん、井浦新

日時:平成30年8月23日(木)~26日(日)
場所:由布市湯布院公民館
大分県由布市湯布院町川上3758-1
https://goo.gl/maps/yLpTyT35bxm

上映スケジュール等は、湯布院映画祭公式HPでご確認ください。
お問合せ:湯布院映画祭実行委員会 097-532-2426(日中は電話に出れない場合があります)

08月06日

庄内・小野屋十七夜観音祭 8月17日開催

およそ200年前、「伝治が淵」に大亀が住んでおり、人々が淵を渡る際にその背中を石と間違えて踏み、水中へ没したことから、その水難者の霊を弔うことから始まったお祭りです。
商店街には多数の出店が並び、精霊流しや伝統芸能の神楽、花火大会などの多彩な催しが行われます。

日時:平成30年8月17日(金) 午後7時頃~
場所:由布市庄内町 小野屋商店街
https://goo.gl/maps/qew3qAXJndG2

お問合せ:由布市役所庄内地域振興課 097-582-1111

08月06日

ゆふいん盆地まつり 8月15日~16日開催

毎年8月15日、16日に行われるお祭りで、15日には「蝗攘祭」と花火大会、16日には「供養盆踊り大会」が行われます。

蝗攘祭(こうじょうさい)は古来より伝わる五穀豊穣を願う虫追いの行事(害虫を追い払う行事)を再現したもので、クライマックスの大松明への火入れが見ものです。
その後に行われる花火大会は、由布院盆地を華やかに彩ります。

翌16日は由布見通りを埋め尽くす約1000人での供養盆踊り大会が行われます。

日時:平成30年8月15日(水)19時~(花火大会は20時45分頃~)
16日(木)19時~(盆踊り大会は20時頃~)

場所: 平成30年8月15日(水) 由布院駅周辺
16日(木) 由布見通り(由布院駅より徒歩3分)

お問合せ:由布市役所湯布院地域振興課 0977-84-3111